ホーム > 観光情報 > 歴史・伝統 > 指定文化財 > 有形文化財(建造物)

ここから本文です。

更新日:2020年5月14日

有形文化財(建造物)

県指定文化財

4.興詮寺(本堂)内陣(平成12年4月指定)

興詮寺(本堂)内陣

永仁5年(1297)に渋谷行重が建立したお寺です。当初は松尾寺と呼ばれていましたが、応永5年(1398)頃に現在の地に移り、松尾山興全寺と改称したと伝えられています。明治の廃仏毀釈では、県内の寺院が壊されてしまったため貴重なものとされています。建築年代は、15世紀後半と推定されており、県内では皆無に近い中世までさかのぼれる寺院建築であり貴重なものとされています。

 

お問い合わせ

さつま町役場社会教育課文化係

〒895-1804 鹿児島県薩摩郡さつま町船木302番地

電話番号:0996-53-1732

ファックス:0996-53-0900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?