ホーム > 観光情報 > 歴史・伝統 > 指定文化財 > 有形文化財(工芸品)

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

有形文化財(工芸品)

町指定文化財

47.銅鏡(平成3年5月指定)

銅鏡 銅鏡

紫尾の俗称「仕度替え」=徳寿庵の古石塔発掘中に出土したもので、紫尾権現に関係のあるものと推定される青銅で出来た和鏡です。秋草 流水 双雀の花鳥模様や実を結ぶ五弁の草木模様が刻まれています。二面とも直径11.5センチメートルの銅鏡です。

48.五社大明神の神体五像(平成6年8月指定)

五社大明神の神体五像

澁谷五族が、宝治2年(1248)に下向の際、五族それぞれの氏神を奉持したと古文書にあります。五体の神像は、それぞれ高さ約30センチメートルほどの木座像で着色されていたようです。その一体に「文政二年(1468)十二月一日 大檀那 平 千松丸」とありますが、澁谷氏一族と考えられています。

51.柏原鎮守神社の神体五像(平成10年5月指定)

柏原鎮守神社の神体五像

古文書には、澁谷五族が下向の際、それぞれ氏神を奉持したと伝えています。祁答院氏は、菩提寺の大願寺近くの鎮守神社に五神を祀ったものと思われます。宮殿内の板に、宝暦年間(1750代)に「色が薄れていたので彩色しなおした」の墨書がありますが、その時までに相当な年月が経っていたと考えられます。鶴田氏の五神像と類似した木神像です。入来院氏・高城氏の五社の所在は分かりませんが、東郷氏の五社は、小さな銅製の像にして五社神社に祀ってあります。

53.崇廟諏訪大明神の神体二像(平成14年9月指定)

崇廟諏訪大明神の神体二像

応永8年(1401)の鶴田合戦のとき、島津伊久方の陣営となっているので、それ以前からの神社と考えられます。応永33年(1426)に澁谷氏の女が一社を建て、永禄3年(1560)に島津日新が扁額を寄進しています。木造二体の仏像が神体で、享徳2年(1453)に紹徳蔵主の彫刻と墨書されています。

 

お問い合わせ

さつま町役場社会教育課文化係

〒895-1804 鹿児島県薩摩郡さつま町船木302番地

電話番号:0996-53-1732

ファックス:0996-53-0900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?