ホーム > 観光情報 > 歴史・伝統 > 指定文化財 > 有形文化財(彫刻)

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

有形文化財(彫刻)

23.(伝)島津尚久の木像(平成17年1月指定)

伝島津尚久の木像

宮之城島津家に代々伝わっているもので、島津尚久の像であると言われています。寄木造りの人物像で、高さは約65センチメートル、胴部の横幅は32センチメートルあります。

 

62.伽藍神(平成6年3月)

伽藍神

元来中国の道教の神で、仏像を安置した廟を「伽藍」といい、これを守護する神とされています。現在これと同型の石造は県内に二基しか確認されていません。高さは77センチメートルで、幅は30センチメートルあります。頭に道帽を頂き、厚い道服を着て両手を中央で組み眼を見開いています。

 

 

お問い合わせ

さつま町役場社会教育課文化係

〒895-1804 鹿児島県薩摩郡さつま町船木302番地

電話番号:0996-53-1732

ファックス:0996-53-0900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?