ホーム > 農林業・商工業 > 農業 > 畜産 > 鳥インフルエンザウイルス侵入防止にご協力ください

ここから本文です。

更新日:2022年12月11日

鳥インフルエンザウイルス侵入防止にご協力ください

10月下旬から高病原性鳥インフルエンザが国内で確認されております。このことから、町内での感染を防ぐために、次のことにご注意ください。

飼っている鳥が死んだ場合は、農政課畜産係、同じ場所で複数の野鳥が死んでいた場合は耕地林業課林業振興係までご連絡ください。

鹿児島県ホームページ:鳥インフルエンザに関する情報(外部サイトへリンク)

国内における鳥インフルエンザ発生状況

町民の皆さまへのお願い

  • 飼っている鳥が野生動物や野鳥に接触しないよう、鶏舎やネットを点検するなど厳重に警戒してください。
  • 鳥を飼っている家庭へ出入りする場合は、鳥に近づかないようにしてください。
  • 養鶏場には絶対に立ち入らないようにしてください。

消毒剤の配布

100羽未満の小規模飼養者に消毒剤の配布をしています。希望される方は、農政課畜産係または鶴田支所経済係、薩摩支所経済係にお越しください。

人には感染しないと考えられています

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃厚な接触などの特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。国内ではこれまで鶏肉や卵を食べたことで、感染した事例はなく、日常生活において過度に心配する必要はありません。

お問い合わせ先

さつま町役場農政課畜産係

電話:53-1111(内線2429)
窓口:本庁別館1階

お問い合わせ

さつま町役場農政課畜産係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?