ホーム > くらしの情報 > 戸籍・住民の手続き > 外国人住民に関する届出

ここから本文です。

更新日:2016年4月21日

外国人住民に関する届出

チューリップ外国人登録法が廃止され、日本人と同様に、外国人住民についても住民基本台帳法の適用対象に加え、外国人住民の利便の増進及び市町村等の行政の合理性を図るため入管法と住民基本台帳法が変わりました。

平成25年7月8日から外国人住民の方についても、住民基本台帳ネットワークシステムの運用が開始されました。

1.外国人住民の方にも住民票が発行されます。

外国人登録法が廃止されて住民基本台帳法の対象となり、日本人と同様に住民票が作成されます。
対象となる外国人住民は次の資格をもって滞在し、住所を有するものです。

  • 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  • 特別永住者
  • 一時庇護許可者又は仮滞在許可者
  • 出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者

これまでは日本人住民と同住所にて生計を共にしている外国人住民は、住民票ではなく外国人登録原票記載事項証明書を取得していただいていましたが、改正後は同一世帯であれば住民票に日本人住民と一緒に記載されることになります。

2.他の市町村へ引越しする際(住所変更)には、転出証明書が必要です。

これまでは引越しの後の市町村の窓口で手続きをするだけでしたが、引越し前に、転出する市町村窓口で転出の届出が必要となります。そこで発行される転出証明書を持って転入先の市町村で転入手続きをしてください。
また、住所変更手続きをする際は、必ず全員の特別永住者証明書又は在留カードをお持ちください。それぞれのカードの裏面に新しい住所を記載します。
再入国許可を取っている場合でも、国外へ長期に転出するときは、国外転出の手続きが必要になります。

3.現在の外国人登録証明書にかわり、在留カードまたは特別永住者証明書が交付されます。

外国人登録制度の廃止に伴い、外国人登録証明書にかわり、中長期在留者の方には「在留カード」が、特別永住者の方には「特別永住者証明書」が交付されます。
なお、現在お持ちの「外国人登録証明書」は、下記の期間、「在留カード」または「特別永住者証明書」とみなされますので、下記の期間の終了までに在留カード等の手続きをしてください。

外国人登録証明書が「在留カード」とみなされる期間

永住者 16歳以上の方 2015年(平成27年)7月8日まで
16歳未満の方 2015年(平成27年)7月8日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで
特定活動 16歳以上の方 在留期間の満了日又は2015年(平成27年)7月8日のいずれか早い日まで
16歳未満の方 在留期間の満了日又は2015年(平成27年)7月8日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで
それ以外の在留資格 16歳以上の方 在留期間の満了日
16歳未満の方 在留期間の満了日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

外国人登録証明書が「特別永住者証明書」とみなされる期間

16歳未満の方 16歳の誕生日まで
16歳以上の方 次回確認(切替)申請期間が2012年7月9日から3年を経過する日までに到来する方 2015年(平成27年)7月8日まで
上記以外の方

旧外国人登録証明書の次回確認(切替)申請期間の始期である誕生日まで

4.入国管理局や町役場での届出事項が変わります。

在留期間・在留資格等の更新・変更の手続きについては、入国管理局で許可を受けた後に役場で外国人登録の変更手続きをする必要がありましたが、平成24年7月9日以降は役場へ届出の必要がなくなりました.。

在留カード交付の対象者

  • 市町村での手続き:住居地の変更(転入・転出・町内転居)、世帯主変更、世帯の分離や合併
  • 入国管理局での手続き:住居地以外の変更届出

特別永住者証明書の交付対象者

各種申請の手続きはこれまで通り、市町村の窓口となります。

詳しくは、入国管理局又は総務省のホームページをご覧ください。

お問い合わせ

さつま町役場町民環境課町民係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?