ホーム > くらしの情報 > 税金 > 法人税 > 法人町民税

ここから本文です。

更新日:2020年2月12日

法人町民税

ビルのイラスト

法人町民税は町内に事業所や事業所等がある法人等にかかる税で、個人住民税と同様に法人の規模に応じて納める均等割と、法人等の利益に応じて納める法人税割とがあります。

納税義務者

  • 町内に事務所や事業所を有する法人
  • 町内に寮、保養所等を有する法人で、町内に事務所や事業所を有しないもの
  • 町内に事務所や事業所等を有する公益法人等又は法人でない社団等で、収益事業を行うもの

税率

  • 均等割
    均等割額は、資本金等の金額と従業員数によって下表のように定められています。

    区分

    さつま町内の事務所等の従業者数

    50人以下(円)

    50人超(円)

    • 公共法人及び公益法人等(収益事業を行う独立行政法人を除く。)
    • 人格のない社団等
    • 一般社団法人及び一般財団法人
    • 保険業法に規定する相互会社以外で資本金の又は出資金の額を有しない法人

    50,000

    50,000

    資本金等の額が1千万円以下

    50,000

    120,000

    資本金等の額が1千万円超〜1億円以下

    130,000

    150,000

    資本金等の額が1億円超〜10億円以下

    160,000

    400,000

    資本金等の額が10億円超〜50億円以下

    410,000

    1,750,000

    資本金等の額が50億円超

    410,000

    3,000,000

  • 資本金等の額・・・法人税法第2条第16号に規定する額
  • 従業者数・・・・・町内に有する事務所等の従業者数の合計数(資本金等の額および従業者数の合計数は、課税標準の算定期間の末日で判定します。)
  • 法人税割
    12.3%【平成26年9月30日以前に開始する事業年度】
    9.7%【平成26年10月1日以後に開始する事業年度】

    6.0%【令和元年10月1日以降に開始する事業年度】

※予定申告における経過措置
法人町民税法人税額割の税率改正に伴い、令和元年10月1日以後に開始する最初の事業年度の予定申告の法人税割額は、前事業年度の法人税割額に3.7を乗じて得た額を前事業年度の月数で除して得た額になります。

申告と納税

法人町民税は、それぞれの法人が定める事業年度が終了した後一定期間に、法人がその納付すべき税額を算出して申告し、その申告した税額を納めることになっています。

届出書等のダウンロード

 

お問い合わせ

さつま町役場税務課町民税係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?