ホーム > くらしの情報 > 税金 > 町県民税(住民税) > 住民税と所得税の控除の違い

ここから本文です。

更新日:2022年1月27日

住民税と所得税の控除の違い

人的控除額の違い

人的控除額の違いは、次の表のとおりです。

人的控除の違い(PDF:66KB)

人的控除以外の所得控除の差

人的控除以外の所得控除にも控除額に差があります。
主なものは、生命保険料控除や地震保険料控除が挙げられます。

1.生命保険料控除

旧契約(平成23年12月31日以前に生命保険会社等と契約した保険契約等)に係る合計控除限度額
【住民税】合計控除限度額:70,000円
【所得税】合計控除限度額:120,000円

 

新契約(平成24年1月1日以後に生命保険会社等と契約した保険契約等)に係る合計控除限度額
【住民税】合計控除限度額:70,000円
【所得税】合計控除限度額:100,000円

2.地震保険料控除

【住民税】上限25,000円
【所得税】上限50,000円

 

調整控除

住民税と所得税の人的控除額の差に基づく負担増を調整するため、所得割額から控除しています。
調整控除額(納税通知書の「調整控除額」欄に記載されている金額)を求める計算式は、次のとおりです。

※合計所得金額が2,500万円超の場合は適用外

1.合計課税所得金額が200万円以下の場合

アまたはイのいずれか少ない金額の5%(町民税3%、県民税2%)

ア:人的控除額の差の合計額
イ:課税標準額

2.合計課税所得金額が200万円超の場合

(人的控除額の差の合計)ー(課税標準額ー200万円)×5%(町民税3%、県民税2%)

※計算の結果、2,500円未満になったときは、2,500円が調整控除

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場税務課町民税係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?