福祉介護課からの情報
■ 保育所入所について

★ 保育所とは ★

 保育に欠ける児童の保育を目的とした施設です。学校教育を施すことを目的とした幼稚園ではありませんので,集団保育を経験させたいなどの理由では入所できません。

★ 入所申込みができる基準 ★

○ 家庭外労働・家庭内労働
 保護者が育児・家事以外の仕事をしている。
※ 会社員・学生・自営業・団体職員・内職・農業等の方で,昼間,1日4時間以上,1ヶ月に13日以上の就労や就学が必要です。
※ 育児休業中(産後3ヶ月以降)の入所は原則としてできません。ただし,次の場合は除きます。
 ① 前年度からの継続入所児童のうち,年度中に3歳以上になる児童
 ② 産後の母,乳児の体調が思わしくない場合
 ③ 乳児が多胎児である場合

○ 妊娠・出産
 妊娠中または出産後間がなく,児童の保育ができない。
※ 予定日前後3ヶ月以内の入所が可能です。

○ 病気・障害
 保護者が病気やけがを負っている,心身に障害を有している。
※ 入院または安静を要する期間の入所が可能です。

○ 看護・介護
 保護者が家族の看護・介護を行っている。

○ 災害
 保護者が震災・風水害・火災等の復旧作業に当たっている。

○ 求職中
 保護者が求職活動をしている。
※ 既に就労されている方が優先されますので,希望する保育所に入所できない場合があります。

○ その他
 上記に類する状態にある場合。


★ 入所について ★

(1)入所申込みができる基準を満たされた方のうち,広さや職員数に余裕のある保育所を希望された方は希望どおり入所できますが,余裕のない保育所を希望された場合,第2・第3希望の保育所へ入所していただくことがあります。なお,優先順位は次のとおりです。

① 入所申込みができる基準を満たしており,入所先に変更がない児童。
 ※ 保育所の受け入れ態勢に余裕がない場合,新規入所の方が優先される場合もあります。
② 家庭の状況。
家庭での保育に欠ける状況が高い順に優先されます。
③ ②の状況が同程度の場合は,審査を行い,入所を決定します。

(2)年度内の転園は原則としてできません。
※ ただし,町内で転居し,旧住所地から新住所地の近くへの転園は可能です。

(3)仕事の都合や里帰り出産等をされる場合,他市町村にある保育所を利用することも可能です。
※ さつま町で手続きし,保育料もさつま町へ納めることになります。ただし,町内の保育所同様,広さや職員数に余裕のない保育所を選ばれると,希望する保育所への入所はできません。

★ 大切なおしらせ ★

(1)保育料とは『 子どもを自宅で保育するかわりに保育所で保育してもらうために納めるお金 』です。
※ さつま町へ一旦納めていただき,さつま町がそれぞれの保育所へ支払っています。保育料の滞納は社会問題となりつつあります。保育料が未納になっている方は,速やかに精算を終えてください。保育所でお子さんを保育するためには,年間で1人平均120万円程度の経費が必要であり,その経費は保護者に支払っていただく保育料と税金でまかなっています。毎月の保育料の確実な納付にご協力ください。

(2)保育料を担保するため,連帯保証人を選任していていただいています。保育料が未納になりますと,連帯保証人にも保護者同様の保育料の納入義務が発生します。
※ 原則として,さつま町内に住所を有する人を選任してください。

(3)保育料を2ヶ月以上滞納されますと,自主退所していただく場合があります。長期にわたり保育料の滞納がある場合,地方税の滞納処分の例により,法的手段で給料・預貯金・自動車などの財産の差し押さえを行います。
※ 納入が困難な場合は,必ず事前に役場(福祉課。本庁は子ども福祉係,支所は保健福祉係)へご相談ください。

★ 入所手続きについて ★

(1)申込書は役場(福祉課。本庁は子ども福祉係,支所は保健福祉係)に備えてありますので,記入,提出してください。

(2)保育所での面接,健康診断等の日程の都合がありますので,入所希望日の2週間前までには申し込んでください。

(3)入所手続き後,何らかの変更があった場合は,必ず役場(福祉課。本庁は子ども福祉係,支所は保健福祉係)へ届け出てください。
 (例)確定申告をした
    転居した
    転出することになった
    退職した
    転職した
    解雇された
    育児休暇を取得することになった
    離婚した
    1ヶ月以上続けて欠席することになった
    再婚した          ・・・等

★ 保育料の算定について ★
(1)保育料は,所得税等の額を合計した額で算定します。
※ 父母の所得税等の額で保育料を決定しますが,同居の祖父母等が家計の主宰者である場合は、その額も合算します。(家計の主宰者とは,同居の家族で今年度の所得税・市町村民税課税額が最も多い人をいいます。)また,所得税が非課税の場合は,市町村民税額により決定します。
※ ここでいう所得税額とは,次の控除を除いた金額のことです。
 配当控除
 住宅借入金等特別控除
 政党等寄付金特別控除
 住宅耐震改修特別控除
 電子証明書等特別控除
 災害減免額
 外国税額控除
※ 保育料の基礎となる税額は随時確認しています。変更になる場合は年度当初まで遡って追加徴収,還付することになります。確定申告をされましたら,必ず本人控えの写しを役場(福祉課。本庁は子ども福祉係,支所は保健福祉係)へ提出してください。
※ 保育料の算定基準日は入所する年度の4月1日現在の年齢です。3歳未満・3歳以上で保育料が異なりますが,途中で3歳になる年度は,2歳としての保育料を徴収します。

(2)月の途中で入所や退所や転園をされた場合,保育料は日割計算いたします。申し出の時期によっては一旦全額お支払いただき,あとでお返しする場合があります。ご了承ください。



★ さつま町内の保育所 ★
【 宮之城地区 】
○ 山崎保育園
  さつま町山崎861(TEL:0996-56-8555)
○ 佐志保育園
  さつま町広瀬1242-7(TEL:0996-53-1378)
○ 太陽保育園
  さつま町宮之城屋地2115(TEL:0996-52-2551)
○ 信教寺保育園
  さつま町宮之城屋地1115(TEL:0996-53-3130)
○ 吉祥園保育所
  さつま町虎居町1779-1(TEL:0996-53-0305)
○ 保育園クオラキッズ
  さつま町船木2317(TEL:0996-53-0335)
○ 上宮保育園
  さつま町平川1872(TEL:0996-54-2672)

【 薩摩地区 】
○ 恵光保育園
  さつま町中津川1986-1(TEL:0996-57-0845)
○ 錦光保育園
  さつま町求名2735-7(TEL:0996-57-0882)

【 鶴田地区 】
○ つるだ同朋保育園
  さつま町鶴田3424-6(TEL:0996-59-3074)
○ しび保育園
  さつま町紫尾1468(TEL:0996-59-8367)
○ 旭保育園
  さつま町柏原5183(TEL:0996-59-8675)