ここから本文です。

更新日:2020年3月24日

医療費制度

種類

制度の概要

更生医療(身体に障害がある方)

 

18歳以上の身体障害者手帳をお持ちの方が、障害を軽くし機能を回復するために必要とする特定医療を受けたとき、所得に応じて医療費を一部助成します。

人工透析、心臓の手術、人工股関節設置術など。

 

 

(医療機関や障害の状況により利用できない場合があります。)

育成医療(身体に障害のある方)

 

18歳未満の方が、障害を軽くし機能を回復するために必要とする特定医療を受けたとき、所得に応じて医療費を一部助成します。

育成医療は身体障害者手帳をお持ちでなくても利用できます。

 

 

(医療機関や障害の状況により利用できない場合があります。)

重度心身障害者医療費助成

重度の障害がある方に対して、医療に要した費用の自己負担分を助成します。医療保険適用分が助成の対象となります。(医療費、薬剤、訪問看護、治療用装具等)

 

 

※申請の際は、医療機関の証明がされた申請書、または領収書(原本)が添付された申請書が必要となります。

精神障害者通院医療公費負担制度

精神障害に対して、通院にかかった医療費を一部助成します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場保健福祉課福祉係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?