ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > その他健康・医療 > 川薩圏域CKD(慢性腎臓病)予防ネットワーク

ここから本文です。

更新日:2022年6月30日

川薩圏域CKD(慢性腎臓病)予防ネットワーク

川薩圏域(さつま町、薩摩川内市)では、CKD(慢性腎臓病)の重症化の予防を目的とした、医療ネットワークをスタートします。

CKD予防ネットワーク登録医療機関一覧(PDF:165KB)

CKD(慢性腎臓病)とは

CKD(慢性腎臓病)とは、腎臓の働き(GFR)が健康な人の60%以下に低下する(GFRが60mℓ/分/1.73平方メートル未満)か、あるいはタンパク尿が出るといった腎臓の異常が続く状態を言います。

  1. 腎障害の存在が明らか
    • (1)たんぱく尿の存在
    • (2)たんぱく尿以外の異常
      病理、画像診断、検査(検尿/血液)等、で腎障害が明らか
  2. GFRが60(mℓ/分/1.73平方メートル)未満
    上記の1、2のいずれか、または両方が3ヶ月以上続いている状態です。

医療機関の皆様へ

CKD予防ネットワークの資料及び各様式です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場保健福祉課保険係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?