ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

介護サービス一覧表

在宅サービス(介護度に応じて必要なサービスを利用することができます)

サービス

概要

訪問介護、介護予防訪問介護
(ホームヘルプサービス)

訪問介護員(ホームヘルパー)が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事などの介護等、日常生活上の世話を行います。(同居家族がいる場合は、原則ご利用できません。)

訪問入浴介護、
介護予防訪問入浴

入浴車などで訪問し、自宅で入浴の介護を行います。

訪問看護、
介護予防訪問看護

看護師などが自宅を訪問し、看護を行います。

訪問リハビリテーション、
介護予防訪問リハビリテーション

理学療法士などが自宅を訪問し、機能回復訓練を行います。

居宅療養管理指導、
介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問し、療養生活を送るために必要な指導を行います。

通所介護、介護予防通所介護
(デイサービス)

日中、デイサービスセンターなどにおいて、入浴や食事の提供などを行います。

通所リハビリテーション(デイケア)、
介護予防通所リハビリテーション

病院・介護老人保健施設などで、機能回復訓練やレクリエーションなどを行います。

短期入所生活介護、
介護予防短期入所生活介護
(ショートステイ)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などに短期間入所し、当該施設において入浴、排泄、食事などの介護その他日常生活の世話、機能回復訓練を行います。

短期入所療養介護、
介護予防短期入所療養介護
(ショートステイ)

介護老人保健施設、介護療養型医療施設などに短期間入所し、当該施設において、看護、医学的管理下における介護、機能訓練その他必要な医療及び日常生活上の世話を行います。

認知症対応型共同生活介護、
介護予防認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)

認知症高齢者が、共同生活を送りながら、介護や日常生活上の世話、機能回復訓練を受けます。(要支援1の方は利用できません。)

小規模多機能型居宅介護、
介護予防小規模多機能型居宅介護

心身の状況に応じて、在宅や通いや短期入所サービスを組み合わせて、介護や日常生活上の世話、機能訓練などを受けます。

特定施設入居者生活介護、
介護予防特定施設入居者生活介護

養護老人ホーム、有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)などに入居して、介護サービス計画に基づき入浴、排泄、食事などの介護、その他日常生活上の世話、機能回復訓練を行います。

福祉用具貸与、
介護予防福祉用具貸与

福祉用具取扱い事業所で、車いすやベッドなどの福祉用具を貸与します。(介護度によっては利用できないものもあります。)

福祉用具購入費支給、
介護予防福祉用具購入費支給

入浴又は排泄で使用する福祉用具の購入費を支給します。(要介護、要支援区分にかかわらず、支給限度基準額年間10万円)※福祉用具専門相談員が配置されている指定事業所から購入した場合のみ。

介護保険住宅改修費支給、
介護予防住宅改修費支給

手すりの取り付け、段差の解消、洋式便器への取り替えなど、要介護者の自立支援や介護をするために自宅の改修をする際の費用を支給します。(要支援、要介護区分にかかわらず、支給限度基準額20万円)※事前の申請が必要になります。

施設サービス(要介護認定者のみ利用することができます)

サービス

概要

介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)

日常生活で常に介護が必要で、住宅での適切な介護が困難な場合に入所し、日常生活の世話、機能訓練、健康管理などを行います。

※新規入所は原則要介護3以上。

介護老人保健施設

在宅生活への復帰をめざし、看護、医学的管理下での介護、リハビリテーションを中心とする医療ケアなどを行います。

介護医療院

長期的な医療と介護のニーズを併せ持つ方を対象に介護、機能訓練などを行います。

お問い合わせ

さつま町役場高齢者支援課介護保険係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?