ホーム > くらしの情報 > まち・環境 > 環境 > 微小粒子状物質(PM2.5)情報

ここから本文です。

更新日:2021年5月25日

微小粒子状物質(PM2.5)情報

微小粒子状物質(PM2.5)とは

大気中に漂う粒子のうち、粒径(粒子の大きさ)が2.5μm(1μm=0.001mm)以下の小さな粒子のことです。
粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系や循環器系への影響が懸念されています。
鹿児島県では、微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果について、県内の大気環境の状況を閲覧することができるウェブサイト「鹿児島県の大気環境状況」において公表しています。

鹿児島県の大気環境情報(鹿児島県ホームページ)(外部サイトへリンク)

暫定指針値

環境省が暫定指針値として設定した値は、1日の平均値70μg/立方メートルです。

暫定指針値を超えた場合に注意すること

暫定指針値を越えた場合には以下のことに注意してください。

  • 外出を控える
  • 野外での激しい運動をできるだけ減らす
  • 外出時はマスクをする
  • 室内の換気は必要最小限にする
  • 洗濯物を室内に干すなど

微小粒子状物質(PM2.5)に関する詳しい情報は、環境省ホームページの「微小粒子物質(PM2.5)に関する情報サイト」をご覧下さい。

お問い合わせ

さつま町役場町民環境課環境係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?