ホーム > くらしの情報 > まち・環境 > 住まい > 施策・事業 > がけ地近接等危険住宅移転事業

ここから本文です。

更新日:2019年3月5日

がけ地近接等危険住宅移転事業

制度の概要

がけ地の崩壊等により住民の生命に危険を及ぼすおそれのある区域内に建っている危険住宅から安全な場所への移転を促進するため、国と地方公共団体が移転者に危険住宅の除却に要する経費と新築する住宅の建設や土地の取得などに要する経費に対して補助金を交付する制度です。

対象となる住宅

本人もしくは親族が継続して居住している住宅で、次のいずれかに該当するものが対象となります。

  1. 下図のように、がけの下端(上端)からがけの高さの2倍以内に住宅が建っている場合で、昭和46年8月31日以前に建築されたもの(※高さ2m超、水平面との角度30度超)がけは、高さ2メートル超え、水平面との角度30度超えのもの。
  2. 建築後に災害などで安全上支障が生じ、是正勧告を受けたもの
  3. 災害危険区域内(急傾斜地崩壊危険区域)及び土砂災害特別警戒区域内に建っているもの。ただし、当区域に係る防災工事が完了している地区については対象外です。

補助の内容

区分 限度額 助成内容
危険住宅除却費 802,000円 実費補助
住宅建設(購入)費 4,570,000円

金融機関から借り入れをしたときの、利息に対する補助
(年金利8.5%を上限)

土地取得費 2,060,000円
土地造成費 597,000円

 

補助金申請前に解体などに着手しているものについては認められません。

空き家は対象となりません。

 

お問い合わせ

さつま町役場建設課建築係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?