ホーム > くらしの情報 > 防災・防犯 > 防災 > 災害に備えて

ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

災害に備えて

風水害発生のとき

台風や大雨は、土砂崩れや風水害を伴い、生命や財産に大きな被害をもたらします。普段から、各家庭や職場で台風や大雨から身を守る対策を考え、どんなときでもあわてず落ち着いて行動することが大切です。

地震発生のとき

地震は、突然発生し、一瞬で生命や財産に大きな被害をもたらします。普段から、各家庭や職場で地震から身を守る対策を考え、どんなときでもあわてず落ち着いて行動することが大切です。

避難場所

梅雨時期の大雨や台風による風水害や地震による災害が発生し、又は発生する恐れがある場合、危険地域の居住者、滞在者等の生命、身体の安全を確保するために、避難予定場所を地域ごとに定めてあります。
日頃から、居住地や勤務地近くの避難場所について確認し、いざという時に速やかに避難できるようにしておきましょう。

※町指定避難所等一覧

自主防災組織

災害が発生したとき、消防本部などが到着するまでの間、逃げ惑うのではなく、被害の拡大を防ぎ、命を守るために力をあわせて活動することが重要です。個人でばらばらに活動するより、組織として集約された力がとても有効であり、被害を最小限に止めることにもつながります。最近は、地域住民相互の関係が薄くなってきたと言われていますが、そこに住む住民自らが「自分たちの町は自分たちで守る」という意識がとても重要であり、自治会等の既存組織を活用する方が活動単位として最適です。

※自主防災組織とは

お問い合わせ

さつま町役場総務課危機管理係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?