ホーム > くらしの情報 > まち・環境 > 都市計画・用途地域 > 地下壕(防空壕)について

ここから本文です。

更新日:2022年11月25日

地下壕(防空壕)について

地下壕(防空壕)とは

地下壕(防空壕)とは、戦時中空襲などから避難するために築造された、主にトンネル状の施設のことをいいます。地下壕は、経年劣化による陥没事故や壕内部での一酸化炭素中毒、酸素欠乏症などを引き起こす恐れがあることから、壕の埋戻しや壕口封鎖などの安全対策を実施してきました。

情報提供のお願い

危険な地下壕については、埋戻しや壕口封鎖などの安全対策を行っていますが、まだ確認されていない箇所がある可能性があります。お近くに危険な地下壕があることをご存じの方、安全対策がなされていない地下壕を所有又は管理されており、今後安全対策を行いたいとお考えの方は、下記の問い合わせ先まで情報提供をお願いします。また、地下壕が、子どもたちの遊び場にならないよう地域で見守り、気付いたときは注意していただくよう御協力ください。

お問い合わせ

さつま町役場建設課まちなみ整備係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?