ホーム > 町の情報 > 町の概要 > 教育・保育施設の利用者負担額

ここから本文です。

更新日:2022年3月24日

教育・保育施設の利用者負担額

制度の概要

保育者や認定こども園などの教育・保育施設を利用する場合は、所得や世帯状況に応じて利用者負担額(保育料)をお支払いいただくことになります。

令和元年10月以降、「幼児教育保育の無償化」によって、1号認定(満3歳以上の教育認定)と2号認定(学年齢3歳以上の保育認定)の利用者負担額は無料となっています。

3号認定(学年齢3歳未満の保育認定)の利用者負担額は、国が定めた利用者負担額よりも細分化し減額した、「さつま町独自の利用者負担額」が定められているほか、多子世帯への軽減等によってさらに減額された利用者負担額となっています。

さつま町教育・保育施設等の利用者負担額表

さつま町で定める利用者負担額表は、次のとおりとなります。

さつま町教育・保育施設の利用者負担額表(PDF:200KB)

  • さつま町では、「第1子1割軽減・第2子7割軽減」となる、本町独自の軽減を適用しています。

例)D4階層・標準時間認定に該当する世帯の3歳未満の子どもが2名利用する場合

第1子目の利用者負担額→30,600円×0.9(第1子1割軽減)=27,540円(3,060円減額)

第2子目の利用者負担額→30,600円×0.3(第2子7割軽減)=9,180円(21,420円減額)

合計36,720円

  • このほか、国の制度として、「ひとり親世帯の軽減」や県の制度として「第3子目以降の軽減も行われています。世帯員の人数や所得状況によって利用者負担額が異なります。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場子ども支援課子育て支援係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?