ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産・子育て > 子育て支援事業 > かごしま子育て支援パスポート事業

ここから本文です。

更新日:2018年11月6日

かごしま子育て支援パスポート事業

かごしま子育て支援パスポートの新カードへの切り替えについて

子育て支援パスポートの有効期限が、平成27年3月31日までとなっている方は、新カードへの切り替えが必要です。

 

新カード

旧カード

デザイン

県のマークが青色

子育て支援パスポート(新)

県のマークが白色

支援パスポート(旧)

有効期限

一番下の子どもが満18歳になる日の前日

「平成27年3月31日」または

「一番下の子どもが満18歳になる日の前日」のいずれか早い日

 

平成28年4月から全国での使用が開始されています。

現在お持ちのパスポートに「全国共通ロゴマーク」シールを貼ることで、全国の協賛店でもサービスが受けられるようになりました。

今までのパスポートも鹿児島県内では通常どおり使えますが、県外で使うためには下記の「全国共通ロゴマーク」シールの貼付が必要です。

全国共通マーク 

かごしま子育て支援パスポート事業の制度について

さつま町は県と共同で、「かごしま子育て支援パスポート支援事業」を平成19年11月から開始します。子育て家庭に交付されたパスポートを架け橋に、協賛店が独自の子育て支援サービスを提供することで、子育てを暖かく応援する地域づくりを進めていきます。
なお、県内全域で事業展開される予定で、子育て支援サービスも県内全域の協賛店で受けられます。

 事業イメージ

子育てパスポートってなに?

子育て家庭を地域全体で支援することを趣旨に、交付されるパスポートです。

ステッカーの貼ってある協賛店で見せると、いろいろな子育て支援サービスが受けられます。

町内だけでなく、県内で使用できます。
(実施市町村:鹿児島市・指宿市・日置市・いちき串木野市・南さつま市・三島村・十島村・薩摩川内市・さつま町・阿久根市・伊佐市・霧島市・鹿屋市・垂水市・南大隅市・屋久町・奄美市・龍郷町・伊仙町・和泊町・知名町)

パスポートの交付手続きは?

担当窓口で「かごしま子育て支援パスポート交付申請書」を提出すると、住民基本台帳等で確認のうえ、交付されます。詳しくは、下記の担当窓口にお問い合わせください。

  • 本庁子ども支援課子育て支援係
  • 薩摩支所町民福祉係
  • 鶴田支所町民福祉係

料金:無料

パスポートの交付対象は?

妊娠中の方、または、満18歳未満の子どもがいる世帯です。

子育て支援サービスの内容は?

商品の割引やスタンプポイントアップ、授乳スペースの店内設置、ベビーカーの貸出無料などです。

以上のサービス内容は、あくまでも例示で、店舗ごとに異なります。

かごしま子育て支援パスポート事業協賛店一覧表(さつま町)

かごしま子育て支援パスポート事業のシンボルマーク(外部サイトへリンク)

『かごしま子育て支援パスポート事業』のシンボルマークです。

マークをクリックすると、県内の状況(鹿児島県のホームページ)を確認することが出来ます。

問い合せ先

さつま町役場 電話0996-53-1111

  • 本庁子ども支援課子育て支援係(内線2144)
  • 鶴田支所町民福祉係(内線4113)
  • 薩摩支所町民福祉係(内線6122)

お問い合わせ

さつま町役場子ども支援課子育て支援係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?