ホーム > 町の情報 > 広報・広聴 > まちのHOTニュース(令和3年10~12月) > 企画展「さつまの金吾さあ~さつま町と島津歳久~」

ここから本文です。

更新日:2021年10月11日

企画展「さつまの金吾さあ~さつま町と島津歳久~」

11月28日まで、宮之城歴史資料センターで企画展「さつまの金吾さあ~さつま町と島津歳久~」を開催しています。戦国時代の虎居城主であった島津歳久は、さつま町では「金吾さあ」と呼ばれ親しまれています。歳久に関連する史跡や名所、資料などを紹介しています。

島津歳久

薩摩の戦国大名として知られる島津貴久の三男で、歳久は島津家の領国拡大に貢献しました。1580年、宮之城の領主となって虎居城を居城としました。豊臣秀吉が宮之城を通過したとき、歳久の家臣が秀吉の籠に弓矢を射かけた伝説も残っています。歳久の死後は「金吾さあ」と呼ばれ、平松神社や大石神社で祀られています。

 

宮之城歴史資料センター:企画展「さつまの金吾さあ~さつま町と島津歳久~」

 

さつまの金吾さあ1

 

 

さつまの金吾さあ3

 

 

まちのHOTニュース(令和3年10~12月)

お問い合わせ

さつま町役場企画政策課広報文書係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?