ホーム > 農林業・商工業 > 林業 > イヌマキ(ヒトツバ)の害虫キオビエダシャク大量発生注意

ここから本文です。

更新日:2018年2月15日

イヌマキ(ヒトツバ)の害虫キオビエダシャク大量発生注意

キオビエダシャクとは

【成虫(蛾)】

キオビエダシャク成虫・開長約6センチ

・体長約2センチ

・羽色は濃紺に黄色の帯がある

 

【幼虫(シャクトリムシ)】

キオビエダシャク幼虫・体長約5センチ

・黒、黄色、オレンジのまだら模様

・振動を与えると糸を吐いて垂れ下がる

【発生】年3~4回

被害

成虫そのものにイヌマキに対する害はありませんが、成虫がイヌマキの樹皮の裂け目や付け根の粗皮部に卵を産みつけ、ふ化した幼虫がイヌマキの葉を食べて木を枯らし、枯死することもあります。

対策

  1. 幼虫が少ない場合は木をゆすって落ちてきた幼虫を捕殺します。
  2. 木の根もとの土中には茶褐色のさなぎがいるので、掘り起こして捕殺します。
  3. 幼虫が大量発生している場合には、トレボン乳剤(4000倍希釈)やスプサイド乳剤(1500~2000倍希釈)の薬剤散布が効果があります。
    ※成虫やさなぎには効果が見られません
薬剤散布上の注意

薬剤散布を行う場合は、使用方法や取り扱いを正しく守り、風がないときに飛散防止対策を行ったうえで、むらなく葉の裏までかかるように散布してください。

 

 


 

お問い合わせ

さつま町役場耕地林業課林業振興係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?