ホーム > 農林業・商工業 > 林業 > さつま町の筍

ここから本文です。

更新日:2018年10月24日

さつま町の筍

竹・筍について

さつま町の竹林は、1,308haと広大な面積を誇っています。

その中でもモウソウチクは、1,021haと日本随一の占有面積となっています。

早掘り筍の生産面積は日本一。

町内では、昔ながらの竹材加工業を営む会社や竹紙用竹チップの買取業者、筍の水煮加工業者など竹と深い関わりのある町です。

早掘り筍「さつまたけのこ」は10月下旬から出荷しており、関東や関西に出荷され高級品として取り扱われています。

主な竹の種類

モウソウチク

町内で随一の面積を誇る。食用として多く利用され、筍の生育のため、美しく整備された筍生産竹林が120ha程度あります。筍は非常に美味で、10月下旬から5月ごろまで収穫されます。味・鮮度のよいものの見分け方として、筍皮が黄褐色で黒褐のシミが見られないもの、筍の細毛が揃っていることなどがあげられます。

モウソウチクモウソウタケノコ

 

ホテイチク(コサンタケ)

モウソウチクに次ぎ町内で多く生産される種類で、筍は非常に美味です。

4月下旬から5月中ごろまで収穫され南九州の特産として親しまれています。

ホテイチクコサンタケノコ

 

 

その他、ダイミョウダケ、リョクチク、ハチクなど

 

たけのこ料理(ジビエ)

三品

2018年2月に町内において料理教室を開催しました。鹿児島市内で中華料理店を営む青木三郎シェフに依頼し、次の3品を作っていただきました。

レシピについては、ご家庭や調理等で自由にご利用ください。

※以下のメニューは鹿肉で調理していますが、豚や牛などの肉でも応用可能となってます。

 

表紙

1.鹿肉と早掘り筍のチンジャオロース(レシピ)(JPG:472KB)

チンジャオロース

2.鹿肉と筍のしゅうまい(レシピ)(JPG:372KB)

しゅうまい

3.鹿肉と筍のブラックペッパー炒飯(レシピ)(JPG:423KB)

チャーハン

 

 


お問い合わせ

さつま町役場耕地林業課林業振興係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?