ホーム > くらしの情報 > 教育 > 教育委員会 > 英語検定補助

ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

英語検定補助

2019年度英語検定の補助について

事業名

さつま町英語力向上推進事業

事業の目的

グローバル化が急速に進展する中で、学校に就学する児童生徒の外国語によるコミュニケーション能力を高め、英語力の向上を図るために、平成29年度から町単独事業として、財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定の受験機会の拡大を目指し、保護者の負担軽減を目的として、検定料を下記のとおり補助する。

 

〔実用英語技能検定年3回実施〕※3級以上は二次試験が実施される。

第1回 一次試験6月、二次試験6・7月
第2回 一次試験10月、二次試験11月
第3回 一次試験1月、二次試験2・3月

 

事業の内容

(1)補助交付対象者

補助金の交付対象となる者は、さつま町に住所を有する者で、小学校・中学校(部)へ就学する児童生徒の保護者とする。
ただし、町外の学校に就学する児童生徒で、学校や自治体等より英検に対する助成がある場合は、その助成を優先するものとし、補助は行わないものとする。
※町税等に滞納がある場合は、補助対象外となる。

(2)交付対象及び補助金額

年度内において、2級・準2級については、1人につき2回まで、3級・4級は、1人につき1回のみ検定料の全額を補助する。
補助金の交付は次の表のとおりとする。

級の区分

補助金額(本会場)

補助金額(準会場)

補助回数

2級

6,500円

5,500円

2回まで

準2級

5,900円

4,900円

2回まで

3級

4,900円

3,900円

1回のみ

4級

3,600円

2,600円

1回のみ

 

申請から補助金支払いまでの流れ

  町教委が設置した準会場で受験する場合

学校が設置した準会場で受験する場合

1

保護者は、学校へ申込書と検定料を提出する。 保護者は、学校へ申込書と検定料を提出する。

2

学校は、保護者から提出された申込書等と総括表を町教委へ提出する。

町教委は、申込み手続きを行う。

学校は、申込み手続き等を行う。

3

町教委は、保護者へ領収書を発行し、英検の詳細について通知する。 学校は、保護者へ領収書を発行し、英検の詳細について通知する。

4

英検受験(第1回)

6月~7月

英検受験(第2回)

10月~11月

英検受験(第3回)

1月~3月

5

補助を希望する保護者は、次の書類を学校に提出する。

(1)第1号様式(第4条関係)交付申請書

(2)第4号様式(第6条関係)補助金請求書

(3)保護者へ発行した検定料の領収書の写し

6

学校は、次の書類を教育委員会に提出する。
(1)保護者から提出された「第1号様式(第4条関係)交付申請書」
(2)保護者から提出された「第4号様式(第6条関係)補助金請求書」
(3)保護者から提出された「領収書の写し」
(4)学校が作成する「第2号様式(第4条関係)交付申請書提出報告令和元年書」


※提出期限は次のとおりとする。

第1回

第2回

第3回

令和元年7月2日(火曜日)

令和元年10月31日(木曜日)

令和2年2月28日(金曜日)

7

補助を希望する保護者は、次の書類を学校に提出する。

(1)第1号様式(第4条関係)交付申請書

(2)第4号様式(第6条関係)補助金請求書

(3)保護者へ発行した検定料の領収書の写し

8

町教委で、申請書類を審査し、補助金交付を決定する。

9

町教委から学校を通じて、第3号様式(第5条関係)による決定通知を行う。

10

町教委は、指定された口座へ補助金を支払う。

 

申請書類

 

お問い合わせ

さつま町役場学校教育課教育指導係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111(内線2513)

ファックス:0996-53-0007

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?