ここから本文です。

更新日:2018年10月19日

地域包括ケアな地域づくり

さつま町では、平成28年4月から「介護予防・日常生活支援総合事業」に取り組み、住民主体のサービス(通所型サービスB)や移動支援サービス(訪問型サービスD)など、地域の実情にあわせた多様なサービスを実施するとともに、各種認知症施策の推進にも力を入れ、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを展開しています。

このような総合事業をはじめとする包括的支援事業や任意事業の取り組みについて、「地域支援事業の取り組み」としてまとめましたので、社会資源や地域資源の把握にお役立てください。

また、高齢者が要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築や地域のボランティア、NPO法人、民間企業、社会福祉法人、協同組合等多様な事業主体による生活支援・介護予防サービスの提供体制を構築するために、『地域包括ケアな地域づくり』~高齢化の現状と課題~と題した資料を作成しました。

今後の地域づくりのために是非ご活用ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場高齢者支援課高齢者支援係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?