ここから本文です。

更新日:2019年4月16日

公会計

新地方公会計制度の導入

地方公共団体の会計は、予算の適正で確実な執行を目的として現金による収入または支出を記帳の基準とする「現金主義」を採用しています。一方で、地方の厳しい財政状況を背景に、今まで以上に財政の透明性を高め、住民に対する説明責任を果たすことや、財政の効率化・適正化を図るため、「発生主義」などの企業会計手法を活用した財務書類の開示が求められています。

このようなことから、町では国の指針に基づき「財務諸表」を作成しています。

なお、平成27年1月に国から、固定資産台帳の整備と複式簿記の導入を前提とした「統一的な基準」が示され、それに基づく財務書類の作成が要請されました。さつま町では、平成28年度決算分から「統一的な基準」に基づく財務書類の作成を行います。

平成29年度財務諸表

平成28年度財務諸表

平成27年度以前財務諸表

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場財政課財政係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?