ホーム > くらしの情報 > 税金 > 令和3年7月豪雨災害に伴う町税等の減免等

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

令和3年7月豪雨災害に伴う町税等の減免等

令和3年7月豪雨災害により大きな被害を受けられた方には、被害の程度等に応じて町税等を減免したり、申告・納税等の期限を延期する制度があります。

減免の内容

減免の対象となる税目や主な要件は次のとおりです。詳細については税務課までお問合せください。

税目 減免の要件 減免の割合

町県民税
国民健康保険税
介護保険料
後期高齢者医療保険料

住宅、財産又は農作物等に10分の3以上の被害を受け、前年の所得金額が1千万円以下の場合

所得金額に応じて8分の1から全額を減免

固定資産税

土地

宅地又は農地に10分の2以上の被害を受けた場合

被害面積に応じて10分の4から全額を減免

家屋

償却資産

家屋又は償却資産に10分の2以上の被害を受けた場合

被害程度に応じて10分の4から全額を減免

  • 損害の金額は、保険金等で補填される金額は除外されます。
  • 減免期間は災害発生時以後に納期限の到来する税額が対象です。原則として、到来する納期限の7日前までに減免申請をお願いします。
  • 減免の要件は、主なものを掲載しておりますので、詳細についてはお問合せください。
  • 固定資産税は被害を受けた固定資産に限ります。

減免申請に必要な書類

各町税等の減免申請書、罹災証明書(罹災証明書が発行されない場合は被害状況がわかる写真)

町税等の納税猶予

災害を受けたことにより、町税等の納付が期限までにできない場合は、一時的にその徴収金を猶予し、期限を延長することができます。詳しくは税務課収納係までお問合せください。

 

 

軽自動車税

今回の災害により、軽自動車税等が被害を受けた場合は、軽自動車税の減免対象にはなりません。
災害により軽自動車税が廃車となった場合は、町ナンバーは税務課町民税係、県ナンバーは軽自動車協会(電話:099-261-4011)への廃車の手続きをお願いします。

 

お問い合わせ先

税務課窓口:本庁1階2番窓口
電話:0996-53-1111

町税等の減免に関すること

税務課町民税係(内線2111)

固定資産税の減免に関すること

税務課資産税係(内線2116)

町税等の徴収猶予に関すること

税務課収納係(内線2113)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場税務課

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?