ホーム > くらしの情報 > 福祉 > 高齢者福祉 > 災害時要援護者制度のしくみ

ここから本文です。

更新日:2021年5月19日

災害時要援護者制度のしくみ

図で示されるように、支援の必要となる要援護者に対してさまざまな形で普段の見守りや要支援者情報の共有を行い、地域での支援を行っていくようになっています。


地域の皆様へのお願い

災害時には、消防をはじめとする行政機関が、避難住民の誘導などさまざまな公的支援を行いますが、それだけでは限界があります。

この制度は、要支援者を地域みんなで見守り、災害発生時,又は災害が予測される時に、地域避難支援者が一緒に避難するなどの支援を行う共助の精神に基づいた地域活動です。
公民会(自主防災組織)、消防団、民生委員など地域の皆様にはこのような趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願いいたします。

お問い合わせ

さつま町役場保健福祉課福祉係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?