ここから本文です。

更新日:2021年2月19日

医療費制度

 

重度心身障害者医療費助成

重度の障害がある方に対して、医療に要した費用の自己負担分を助成します。医療保険適用分が助成の対象となります。(医療費・薬剤・訪問看護・治療用装具等)

対象者

  • 身体障害者手帳1級2級の方
  • 療育手帳A1・A2に該当する方
  • 身体障害者手帳3級を有し、療育手帳B1に該当する方
  • 療育手帳B1に該当する方でIQ35以下の方

登録に必要なもの

  • 印鑑(認め印)
  • 身体障害者手帳または療育手帳
  • 保険証
  • 本人名義の通帳またはキャッシュカード

申請の方法

医療費の助成を受けるには

助成金の受け取り

助成金は登録していただいた口座に2か月に1回振り込まれます。

※諸事情により窓口払いになる場合は、別途おしらせ致します。

 

自立支援医療(更生医療)

18歳以上の身体障害者手帳をお持ちの方が、障害を軽くし機能を回復するために必要とする特定医療を受けたとき、所得に応じて医療費を一部助成します。人工透析、心臓の手術、人工股関節設置術など。

対象となる人

18歳以上の身体障害者手帳をお持ちの方で、指定医療機関において障害を軽くし機能を回復するために必要な医療を受ける場合。

申請に必要なもの

 

自立支援医療(育成医療)

18歳未満の方が、障害を軽くし機能を回復するために必要とする特定医療を受けたとき、所得に応じて医療費を一部助成します。

育成医療は身体障害者手帳をお持ちでなくても利用できます。

対象となる人

18歳未満の身体に障害のある方で、指定医療機関において障害を軽くし機能を回復するために必要な医療を受ける場合。

申請に必要なもの

 

 

自立支援医療(精神通院医療)

精神疾患(てんかんを含む)の治療のため通院による精神医療を継続的に要する症状の方に対して、医療機関の窓口で支払う自己負担額を軽減します。

対象となる人

精神疾患(てんかんを含む)の治療のため継続的に通院を要する方

申請に必要なもの

  • 印鑑(認め印)
  • 指定医療機関の診断書
  • 同意書
  • 医療保険が同一の方すべての保険証
  • マイナンバーが確認できる書類(対象者が18歳未満の場合は対象者とその保護者)
  • 申請書類(外部サイトへリンク)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場保健福祉課福祉係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?