ホーム > くらしの情報 > 保険・年金・介護 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度を脱退するとき

ここから本文です。

更新日:2022年3月4日

後期高齢者医療制度を脱退するとき

後期高齢者医療制度の脱退の手続きは、ご本人からの届け出によります。次の事由が生じたとき、14日以内に必ず届け出をしてください。(届け出が遅れたとしても、加入・脱退の事実があった日までさかのぼって保険料が計算されます。)届け出や申請の種類によって必要な書類が異なりますので、下記の各種手続きをご確認ください。なお、一定の障害のある65歳から74歳の方が脱退するときは、届け出のあった日の翌日が脱退日となります。

次の(※1)と(※2)の持ち物については殆どの手続きに必要となります。

(※1)手続きに来る方の本人確認ができるもの

  • 1点確認:公的機関で発行された、顔写真付きで名前+生年月日又は住所が明記されているもの。(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、障害者手帳など)
  • 2点確認:公的機関で発行された、顔写真がないもので名前+生年月日又は住所が明記されているもの。(健康保険証、介護保険証、年金手帳、高齢受給証、限度額適用認定証、健康保険資格喪失証明書など)
  • 手続きに来る方が対象者と同世帯でない場合:代理権が確認できる書類として「委任状」又は対象者の名前+生年月日又は住所が明記されている公的書類(上記参照)のうち1点が必要です。

(※2)対象者のマイナンバーがわかるもの

マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバーが記載されている住民票など

委任状(PDF:172KB)

一定の障害のある65歳から74歳の方が脱退するとき

一定の障害のある65歳から74歳の方が脱退を希望するとき、または障害の状態に該当しなくなったときは、保健福祉課へ申請をしてください。

脱退後は速やかに他の健康保険への加入手続きをしてください。

必要なもの

  • 後期高齢者医療の保険証
  • 手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)
  • 対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)

さつま町から転出するとき

転出の届け出の際にお手続きしてください。

必要なもの

  • 後期高齢者医療の保険証
  • 手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)
  • 対象者のマイナンバーがわかるもの(※2)

さつま町から鹿児島県内の市町村へ転出するとき

さつま町の町民環境課へ転出の届け出を出された後、保健福祉課へ必要なものをもって届け出をしてください。

さつま町から鹿児島県外へ転出するとき

さつま町の町民環境課へ転出の届け出を出された後、保健福祉課へ必要なものをもって届け出をしてください。負担区分等証明書など、新しくお住まいになる市町村で必要なものを交付します。

さつま町から鹿児島県外の住居地特例対象施設へ転出するとき

引き続き鹿児島県高齢者医療広域連合の被保険者となります。住所が変更された保険証を交付致します。

生活保護を受けるとき

生活保護を受けることになったときは、保険証が使えなくなりますので、保健福祉課に届け出をしてください。

必要なもの

  • 保護開始決定通知書
  • 手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)
  • 対象者のマイナンバーがわかるもの(※2)

亡くなったとき

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなられた場合、保険証を返還してください。

また、葬儀を行った方(喪主・施主)に葬祭費が支給されます。

(詳細は「葬祭費の支給」のページをご覧ください。)

葬祭費の支給

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場保健福祉課保険係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?