ここから本文です。

更新日:2021年8月24日

その他の制度

高齢受給者証について

70歳の誕生日を迎えると、その翌月(1日生まれの方は70歳の誕生日)から高齢受給者証の適用を受けます。高齢受給者証が交付されると、診療に係る一部負担金が2割負担(一定以上所得者は3割)となります。後期高齢者医療の適用を受けるようになるまでの間適用されます。

一定以上所得者(現役並み所得者)について

一定以上所得者とは、同一世帯に住民税課税所得(注)145万円以上の70歳以上75歳未満の国民健康保険被保険者がいる人です。

ただし、下記の条件1~3のいずれかを満たす場合は申請により負担割合が2割になります。該当の可能性のある世帯には、申請書をお送りします。

条件1 70歳以上の被保険者が1人で、被保険者の収入金額が383万円未満。
条件2 70歳以上の被保険者が2人以上で、被保険者の収入金額が520万円未満。
条件3 70歳以上の被保険者が1人で、同一世帯に国保から後期高齢者医療制度に移行した人がおり、
その移行した人と合計した収入金額が520万円未満。
(注)住民税課税所得とは、合計所得金額から住民税の各種控除の合計を差し引いた金額です。

お問い合わせ

さつま町役場保健福祉課保険係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?