ここから本文です。

更新日:2021年2月26日

和紙の原料「梶」の皮はぎ

2月15日と16日、神子地区にある鶴田手漉和紙工房で、和紙の原料となる「梶(かじ)」の皮はぎが行われました。鶴田手漉和紙は、鹿児島県の伝統的工芸品に指定されています。

新芽が出る前に刈り取られた梶を、窯で2時間ほど蒸して皮をはぎやすくします。2日間で、約50kgの梶を蒸しました。これは工房で作られる1年間分の和紙の原料となります。

鶴田手漉和紙4代目の野元政志さんは「梶は繊維が多いので丈夫な和紙が作れる。梶の皮はぎの作業は、昔は一般農家もされていたので、70~80代の方は懐かしがると思いますよ」と話されました。

 

大きな窯

大きな窯で梶を蒸します

 

窯の中

束ねた梶を蒸した後の様子
昔はイモを一緒に蒸して食べることがあったそうです

 

窯から引き上げ

窯から引き上げるのは一苦労です
とても重そうでした

 

皮はぎ

3代目の野元八千代さんが手慣れた様子で
スルスルと皮をはいでいきます

 

皮

繊維が多い梶の皮

 

束ねる

乾燥させる前に皮を束ねます

 

皮を干す

約1週間ほど干して乾燥させます

 

乾燥したら水にさらし不純物を洗い流します。その後、苛性ソーダで煮て漂白・アク抜きをし、塵などを手作業で取り除きます。そして繊維を叩いてバラバラにします。水と細かく砕いた紙料を混ぜ、トロロアオイ(天然のり)を混ぜると原料液ができます。

 

まちのHOTニュース(令和2年度)一覧

お問い合わせ

さつま町役場企画政策課広報文書係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?