ホーム > 町の情報 > 広報・広聴 > まちのHOTニュース(令和3年7~9月) > オリンピックビクトリーブーケをプリザーブドフラワーに

ここから本文です。

更新日:2021年8月5日

オリンピックビクトリーブーケをプリザーブドフラワーに

柏原地区にある有限会社南原農園が依頼を受け、ビクトリーブーケをプリザーブドフラワーにしています。ビクトリーブーケは、東京2020オリンピックのメダリストに渡される花束。宮城県、岩手県、福島県で栽培されたトルコギキョウ、リンドウ、ヒマワリなどが用いられ、メダリストの手元に彩りを添えています。

今大会のセーリング男子レーザー級で銅メダルを獲得したノルウェーのヘルマン・トマスゴール選手が、以前宿泊先にした日本人にブーケをプレゼント。永く記念に残るようにとプレゼントされた方がプリザーブドフラワーの依頼をされました。

プリザーブドフラワーは、植物の水分や養分を特殊な保存液と交換することで、20~30年ほど形を保ったまま楽しめます。

 

ブーケ1

 

 

ブーケ2

加工前のブーケ。これから2~3週間以上かけて加工されます。

 

まちのHOTニュース(令和3年7~9月)

お問い合わせ

さつま町役場企画政策課広報文書係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?