ここから本文です。

更新日:2021年9月22日

焼酎の仕込み

町内にある3つの蔵元では、毎年9月ごろになると焼酎の仕込み作業が本格化し、蒸留所の近くを通ると甘く豊かな香りが漂います。各社、杜氏をはじめ職人が理想の味を求めて焼酎造りを行っています。新酒が出来上がるこの時期、それぞれの焼酎を飲み比べてはいかがでしょうか。

今回、小牧醸造株式会社の仕込み作業を撮影させていただきました。

※撮影の際はマスクをとっていただきました

 

朝礼

朝礼で当日の工程を確認。

 

芋切り

不要な部分を取り除き大きさを切り揃える「芋切り」。

原料となる黄金千貫を熟練の手さばきで処理していく。

 

ふかし芋

切られたサツマイモは加熱後に冷却。

黄金千貫は糖度は低めだがデンプンが多く、焼酎造りに適する。

 

製麹

温度管理ができる三角だなで米にかけた麹菌を繁殖させる「製麹」。

 

2次掛け

1次もろみとサツマイモを混ぜる「2次掛け」。2次もろみができる。

 

2次もろみ測定

2次もろみは8日間ほど寝かされた後に蒸留される。

途中、温度を測りこまめにもろみの状態を確認。

 

櫂入れ

もろみを撹拌する「櫂入れ」。

 

蒸留

2次もろみが蒸留され焼酎の原酒が出てくる。

1日に1升瓶換算で約700本ほど生産。

 

まちのHOTニュース(令和3年7~9月)

お問い合わせ

さつま町役場企画政策課広報文書係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?