ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 子どもと妊産婦のインフルエンザ予防接種費用を助成します

ここから本文です。

更新日:2021年10月18日

子どもと妊産婦のインフルエンザ予防接種費用を助成します

町では、お子さんのインフルエンザ発症及び重症化を予防し、子育て家庭の負担を軽減するため、インフルエンザ予防接種費用の一部助成を行います。

※令和3年10月から新たに妊産婦についてもインフルエンザ予防接種費用の一部助成を行います。対象者には、助成に必要な予診票等を10月18日に送付しました。

対象者

さつま町に住民登録を行っている方で、以下の条件をみたす方。

  • 生後6か月から小学6年生まで(平成21年4月2日~令和3年6月30日生まれ)
  • 中学生(平成18年4月2日~平成21年4月1日生まれ)
  • 高校生(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)
  • 妊婦(接種日時点で母子健康手帳の交付を受けている妊婦)
  • 産婦(令和3年7月1日以降に生まれた子を持つ産婦)

助成対象期間

令和3年10月1日から令和4年1月31日に接種したもの

(注意)期間外に接種した場合は、助成対象となりません。

助成額と自己負担金

生後6か月~小学6年生

助成額:1回の接種につき上限3,000円

助成回数:2回

協力医療機関で接種の場合

自己負担額:1回につき500円
但し接種料金が3,500円を超える場合は、接種料金から町助成額3,000円を差し引いた額を医療機関窓口でお支払いください。(下記例参照)

例1:接種料金が3,500円を超えない医療機関の場合

窓口支払額500円

例2:接種料金が3,500円を超える医療機関の場合

接種料金4,000円-助成額3,000円=窓口支払額1,000円

※接種料金は医療機関によって異なります。

 

中学生・高校生・妊産婦

助成額:上限3,000円

助成回数:1回

協力医療機関で接種の場合

自己負担額:1回につき1,000円
但し接種料金が4,000円を超える場合は、接種料金から町助成額3,000円を差し引いた額をお支払いください。(下記例参照)

例1:接種料金が4,000円を超えない医療機関の場合

窓口支払額1,000円

例2:接種料金が4,000円を超える医療機関の場合

接種料金4,500円-3,000円=窓口支払額1,500円

※接種料金は医療機関によって異なります。

協力医療機関一覧(PDF:87KB)

妊産婦の予防接種協力医療機関につきましては対象者にお配りしているチラシをご覧ください。

協力医療機関外で接種する場合

全額自己負担で接種後、本庁子ども健康係まで償還払い申請をしていただきます。申請期間は、令和4年3月31日までになります。2回接種される方は2回目が終了してから、2回分を合わせて申請ください。また、同一世帯で複数人の申請がある場合も必ず、あわせての申請をお願いします。

 

申請に必要なもの

母子手帳、領収書原本、通帳、接種済証等(母子手帳に記録があれば省略可)

 

病院に持参するもの

  • 町発行のインフルエンザ予防接種予診票(協力医療機関以外で接種の場合は使用できません)
  • 母子健康手帳
  • 保険証(提出を求められることがあります)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場子ども支援課子ども健康係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?