ここから本文です。

更新日:2019年4月25日

非農地

非農地証明の取扱いについて

定義

農地を農地以外のものにする場合は、農地法の規定に基づき、法第4・5条の転用許可を必要としますが、既に「人為的、自然的原因」によって現況が非農地化し、農地性を喪失している土地について、非農地証明の発行を行うものとする。

証明書発行基準(昭和45年9月30日以前のもの)

宅地

建物が建築され農地性を喪失した土地で、農地に復元するには多大な経費を要し、復元不可能な土地。

山林

植林及び自然的状況で樹木が繁茂し、周囲の状況から判断して、農地に復元することが困難と認められる土地。または、復元しても農地として活用する利益に乏しいと判断される土地。

雑種地

原則として対象としない。

 

お問い合わせ

さつま町役場農業委員会農地係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?