ホーム > 農林業・商工業 > 林業 > 死亡した野鳥を見つけたら(鳥インフルエンザについて)

ここから本文です。

更新日:2021年11月11日

死亡した野鳥を見つけたら(鳥インフルエンザについて)

野鳥は、餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうことがあります。野鳥が死んでいても直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。

死亡した野鳥は体毛や羽毛に細菌や寄生虫などの病原体があることがあります。このため、死亡した野鳥を見つけても素手では触らないでください。

同じ場所でたくさんの鳥が死亡していたら耕地林業課林業振興係までご連絡ください。

警戒区分

令和3年11月11日、鹿児島県出水市のツルのねぐら水から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出され、環境省において対応レベルが引き上げられました。

現在の警戒区分は「対応レベル3(監視強化)」です。(令和3年11月11日~)

高病原性鳥インフルエンザにかかる検査優先種(PDF:2,823KB)

鳥インフルエンザ関連(環境省HP)(外部サイトへリンク)

 

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後は手洗い・うがいをしていただければ過度に心配する必要はありません。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

さつま町役場耕地林業課林業振興係

〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地1565番地2

電話番号:0996-53-1111  

ファックス:0996-52-3514

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?