ホーム > くらしの情報 > さつま町消防本部 > 火災予防 > 旅館・ホテル等に対する表示制度

ここから本文です。

更新日:2021年8月13日

旅館・ホテル等に対する表示制度

表示制度の趣旨

平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受け、ホテル・旅館等の防火安全対策として「防火対象物に係る表示制度」が平成26年4月1日より開始されました。

これは、ホテル・旅館等の関係者の申請に基づき、消防法令や建築構造等が表示基準に適合していると認められたホテル・旅館等に対し、消防機関から「表示マーク(※下記参照)」を交付する制度です。

表示マークは、利用者が防火上安全なホテル・旅館等を選ぶ目安となること、また、ホテル・旅館等の関係者の自発的な防火体制の確立を目的としています。

表示対象となる施設

  • 収容人員が30人以上で、地上3階以上のホテル・旅館等
  • 複合用途の建物の中に、ホテル・旅館等の用途が存するもの(建物全体の収容人員が30人以上で、地上3階以上のものに限る)

表示マークの種類

表示マークには、「表示マーク(銀)」と「表示マーク(金)」の2種類があります。

  • 表示マーク(銀)は、表示基準に適合していると認められた場合に交付されます(※有効期間1年)。
  • 表示マーク(金)は、3年連続して表示基準に適合していると認められた場合に交付されます(※有効期間3年)。

表示マークの申請に係る提出書類

  • 防火対象物定期点検報告書(写)
  • 防火対象物点検報告特例認定通知書(写)※特例認定をうけているもの
  • 消防用設備等点検結果報告書(写)
  • 製造所等定期点検記録表(写)※該当施設のあるもの
  • 定期調査報告書(写)
  • その他消防本部が必要と認める書類

※5は必ず提出してください。1から4のうち消防本部で確認できるものは省略できる場合があります。

表示制度の対象とならないホテル・旅館等

表示制度の対象とならないホテル・旅館等の関係者から、防火上安全な建物である旨の評価を得るために「表示制度対象外施設申請書」による申請をすることができます。

表示基準に適合し、建物の防火安全対策が一定基準に達していると認められる場合は「表示制度対象外施設通知書」を交付します。

さつま町内の表示マーク交付ホテル・旅館等一覧

(※令和2年4月1日現在)

番号

表示対象物名称

所在地

連絡先

交付年月日

有効期間

マークの

種類

1

株式会社

さつまゴルフリゾート

さつま町求名6122

【TEL】0996-57-1511

【FAX】0996-57-0500

平成29年8月1日

3年

さつま町内の表示制度対象外施設一覧

(表示制度対象外施設の申請を行い、表示制度対象外施設と認められた、防火安全対策が一定基準に達している施設)

(※令和2年4月1日現在)

対象施設はありません。

お問い合わせ

さつま町消防本部警防課予防係

〒895-1816 鹿児島県薩摩郡さつま町時吉366番地

電話番号:(0996)52-0119 

ファックス:(0996)53-0119 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?